今年で阪神大震災から15年。

先日やってたドラマをみて本当に辛くなった。
焼け跡から自分の母親の遺骨を捜し拾う少年。たまらんかった。

ドラマではあるけれど、そこに映っているのはかつての神戸の現実。
そして日本から離れた、カリブ海に浮かぶ小さな国で今起こっている現実。

15年前の恐怖と不安。生きていることへの感謝。
日常が一瞬にして非日常へとかわる。続く余震と毎日増えていく死者の数。
ひたすら怯えることしかできなかった日々。

私の住んでいる地域は大きな被害もなく家族も無事だった。
でも神戸だけではなく、大きな被害に合われた方々はどんなに辛かっただろう。

きっと今の私にはわからない。

15年経っても決して忘れられるわけではない。
今でもどんな小さい地震がきても恐怖で固まってしまう。

でも、何も起こらず過ぎる毎日にいつの間にか安心してしまっている。

そうして、違う国で起こっていることも、
同じ国で起こっていることでさえもだんだん無関心になる。

大変やね、なんとかしてあげられたらいいのに。

という一辺倒の言い訳をしっかりと添えて。

それじゃあただの偽善者以下。そうじゃない。

大事なのは自分に今、何ができるか。
自分の少しの力でもきっと誰かを救うことができるはず。

そんな気持ちで、USO800は活動していきたいと思っています。
<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://blog.uso800-design.com/trackback/25

TrackBacks: